トップ / 矯正歯科で噛み合わせ改善

矯正歯科で噛み合わせ改善

矯正歯科で魅力的に

最適

受け口も矯正歯科で治療できる

受け口とは出っ歯の反対で、下の歯が上の歯よりも出ている状態を言います。受け口になると、滑舌が悪くなることがあります。原因としては上の顎が下の顎より小さかったり、下の顎が妙に出てしまっていることで起こりますが、受け口も矯正歯科にて治すことができます。受け口は顎の成長が関係しているため、治療は長くなる傾向にあります。ブラケットを付けての治療となり調整も1か月ごとに必要となります。ですが、矯正歯科ではきちんと治療計画を立ててくれるので、目安を持って治療をうけることができます。

歯並びが気になるなら矯正歯科へ

矯正歯科では歯並びに問題がある人の治療をすることが出来ます。出っ歯や乱杭歯、受け口など、歯並びに問題があると見た目が悪いだけでなく、物が噛みにくかったり歯磨きがしにくくて虫歯や歯周病になるリスクが高まるなどのデメリットがあるため、子どもも大人も矯正歯科を利用して歯並びや噛み合わせの治療を行いましょう。歯並びや噛み合わせの治療は子どもの場合だと早めに始めるのがおすすめなので、まずは歯医者さんで相談してみましょう。また、近年は大人への治療技術も進歩しており、目立たない装置などで快適に治療出来ることもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の差し歯の予算と種類. All rights reserved.