トップ

歯科の差し歯の予算と種類

歯科の差し歯の特徴

最適

歯科で扱う差し歯の違い

歯科で取り扱う差し歯には、保険診療の範囲内で使えるものと全額自己負担のものがあり、価格も特徴も全く違います。保険診療の場合は価格が安いため一般的な治療法として用いられていますが、レジンと呼ばれるプラスチック素材を使うため、年数の経過に伴い変色してくるというデメリットがあり、奥歯は銀歯になります。「補綴物維持管理」というのがあるため通常の生活において補綴物が取れた場合には無料で交換可能です。これに対して保険診療外の物は奥歯にも白い材料を使えるだけでなく、前歯にはセラミックなども使用可能なため年数の経過とともに変色する事は少ないですが、壊れた場合の保証については歯科医院によって異なるのできちんと確認しておく必要があります。1本10万円以上するものもあるので予算によって決定すると良いです。

差し歯のメリットとデメリット

虫歯などで元々の自分の歯が使えなくなったときに、歯科で差し歯治療をしてもらえます。虫歯の部分を削り取り、利用できる部分を残して、その残った歯を土台として人工歯をかぶせて治療します。利用できる部分を残しますので、削り取る部分が少ないため体への負担を最小限に抑えることができるのはメリットといえます。差し歯は、治療で神経を抜くことがほとんどで栄養が届けられず脆くなります。そのためコアという堅い土台を詰めて耐久性を持たせます。その土台が金属の場合、稀に金属アレルギーを引き起こすことがあるのがデメリットです。噛んで物を食べる喜びを得るために、虫歯になったら早めに歯科で治療をしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の差し歯の予算と種類. All rights reserved.